会誌バックナンバー目次へ戻る

会誌最新号へ戻る

会誌 NEW DIAMOND 第78号

78表紙ロゴ

ニューダイヤモンド

スペース

第78号 Vol.21 No.3 (平成17年7月25日号)

目 次

1 巻頭言●新しいことを始めることへの期待――――――――― 古賀 義紀

展 望

2 技術政策の考え方と産学連携―――――――――――――― 中山 亨

科学解説

6 全光電子放出率分光法(TPYS)によるダイヤモンド半導体の評価

  ―――――――――――竹内 大輔,山崎 聡,Christoph Erwin Nebel

12 金属内包フラーレンの分子磁性―――――――――――― 加藤 立久

技術解説

18 カーボンナノチューブのトランジスタ応用――――――――― 大野 雄高

トピックス

24 ダイヤモンドの核融合プラズマ計測への応用――草間 義紀,石川 正男

26 無重力下での単層炭素ナノチューブ合成――― 三重野 哲,竹口 雅樹

28 PEFC用カソード触媒担体としての気相法炭素繊維の特性

  ――――――――――――――石原 顕光,鈴木 裕一,太田 健一郎

学会だより

30 ICNDST-10 ――――― 赤坂 大樹,大竹 尚登,谷口 尚,山田 貴壽

32 8th Applied Diamond Conference / Christoph Erwin

Nebel,Nano Carbon 2005――――――――――――― 訳:澤邊 厚仁

AIRAPT-20 ―――――――――――――――――――――― 谷口 尚

ひろば

34 シリーズ:教育の現場から(第11 回)

東京工業大学 ――――――――――――――――――― 大竹 尚登

講 座

38 ダイヤモンドをよく知るために

◆ バイオエンジニアリングの基礎――――――――――――― 富田 直秀

(1)生体機能解釈のパラダイムシフト

42 大阪大学大学院基礎工学研究科平尾研究室訪問―――――池田 隆二

44 平成16年度第2回研究会報告――――――――――――― 鈴木 哲也

45 平成17年度第1回研究会報告――――――――――――― 鈴木 一博

46 フォーラムだより――――――――――――――――――― 事 務 局

編集後記/掲示板

スペース

表紙のことば

78表紙写真

カーボンナノチューブFETの作製と特性評価

カーボンナノチューブをFETのチャネルに用いると,既存の半導体FETをはるかにしのぐ性能のデバイスが実現できる.金属触媒をシリコン基板にパターニングした後,ナノチューブを直接成長することで,ナノチューブを所望の位置に配置することが可能である.このようなバッチプロセスにより高い歩留りでナノチューブFETを作製できる.2cm角程度のシリコン基板上に数千個のナノチューブFETが形成される.表紙の図は,バッチプロセスにより作製したナノチューブFETアレーとナノチューブFETの原子間力顕微鏡像.

裏表紙はナノチューブの成長炉(本文18~23ページ参照).